• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
I am Wharton Woman
ペンシルバニア大ウォートンスクールに留学中。                                               一人前のWharton Womanになりたい!
スポンサー広告
スポンサーサイト
-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
Wharton留学日記
ペンシルバニア大学マーケティング団体MUSE
2010-05-09-Sun                         コメント : 0
留学の楽しいところは、短期間だけど、留学先の大学のサークルの一員になることもできるところ。

わたしは、PENNでのマーケティングサークル「MUSE(ミューズ)」に所属していました。「ねぇ、どんなことをしてたの?」ってたまに聞かれるので、ここで簡単にお答えします。

am_photo_0004-1.jpg

MUSE(ミューズ)の活動内容は、一言でいえば「マーケティングに関わることならなんでも」。例えば、Diageo(酒造メーカー)などのメーカー、nielsenなどのマーケティングリサーチ会社からマーケターを呼んで講演会を開いたり、マーケティングのビジコンを宣伝&参加したり、マーケティング関連の仕事を探している生徒と会社の橋渡しをしたりします。
「Estée Lauder ジョブシャドウイング」といって、学生がEstée Lauderで働いている社会人に「影」のように密着して行動を共にし、その仕事ぶりや職場の雰囲気を観察するというイベントも行いました。仕事のお手伝いをするわけではないので、インターンとはちょっと内容が異なります。


そして、わたしはこの団体のプロモーション部門に配属されていたので、マーケティング団体のマーケティングをしていたことになります。(他にも部門はたくさんあって、実際の会社にマーケティングコンサルティングをする「コンサルティング部門」なるものも存在する。

プロモーション班の仕事は、主に他の部門が企画したこれらのイベントを効率的に学内に宣伝すること。(ポスターのデザイン、WEBの管理、MUSE自体の知名度を向上させるためのプロモーションを行うことも仕事の一部。)
わたしは、プロモ班の一員としてプロモ班のミーティングと、月1の全体ミーテにそれぞれ参加していました。プロモ班のミーテで提案されたことは、部門のリーダーが幹部ミーティングで発表して、そこで最終決定が下されるので、ちょっと会社みたいだよね。でも、それなら「縦型」の組織なのかと思えば、プロモ班のリーダーは(2・3年生たちを抑えて)なぜか1年生が務めていたから、そのあたりにアメリカらしさを感じた。本人がやりたがって、実力があれば任せる、っていうスタンス。

プロモ班のアウトプットをよりよいものにするために、班の中でチームを2つに分けて、それぞれオリジナルのプロモーションイベントを考え、MUSE幹部に向けて直接プレゼンしたこともあります。ただ全員でだらだら話し合うだけじゃなく、たまに競争することで、ユニークなアイデアが生まれることもあるもんね。



あまり手元に画像がないけど、プロモーション班でデザインしたものたち。

dm.jpg

am_photo_0004-1_bigger.jpg

estee (2)

am_photo_0004-1_bi.jpg
これは企業用のピッチブック。ピッチブックとは、営業・提案用資料のことで、つまり「MUSEのスポンサーになったらこんなにいいことがありますよ」という内容が書いてあります。




例えば、ある日のミーティング。
ミーティングでは、基本的に「次は、イベント企画班がこんなイベントを企画してるんだけど、どうやって宣伝しようか?」というところから始まって、「誰がターゲットなのか」「どのようなチラシをデザインしたら効果的か」など皆で話しあいます。


IMG_8358.jpg
今回は、マーケティングリサーチに関するおじさんの講演会の宣伝。
「彼あんまりパッとしないから、おじさんの写真はチラシに載せなくていいね。」


IMG_8357.jpg
「ターゲットは誰?」「マーケティングリサーチなんて、内容はかなり限定的だけど、どうやって宣伝したら人が来ると思う?」


IMG_8361.jpg
そしてポスターのデザインについても議論。後日担当者がポスターを仕上げ、イベントを企画した班に受け渡します。
「『リサーチ』だから、タイトルに虫眼鏡使わない?」「デジタル表記みたいなフォントにするのはどう?」「ウォートン生以外も呼び込めるような文句を作った方がいいんじゃない?」「数字に関わるものだから、宣伝文句も数を強調したものにするのはどう?」等。

わたしは留学生なので、PENNの学内事情の細かいところだけじゃなく、たまにアメリカの常識・流行さえわからなかったりして、皆に迷惑かけたりもしたけど、皆優しくしてくれたのでなかなか良い経験をさせてもらいました。


もちろん、PENNには、MUSE以外にも無数に学生団体があります。
このブログのタイトルのもとになった、ウォートンの女子学生で結成される(わたしが知る限り最強の。笑)学生団体「Wharton Women」がわたしのお気に入り。プロシェッショナルな雰囲気で、かっこいいので憧れです。
page top



管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2017 I am Wharton Woman. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。