• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
I am Wharton Woman
ペンシルバニア大ウォートンスクールに留学中。                                               一人前のWharton Womanになりたい!
スポンサー広告
スポンサーサイト
-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
Wharton留学日記
ついに退寮の日
2010-05-18-Tue                         コメント : 5
5月12日は、MOVING OUT(退寮)の日でした。

PENNの1~3年生まではこの日までに退寮して、9月に新学期が始まるまで、4カ月の長い夏休みに入ります。(正直、そんなにお休みが長かったら皆なにをするのか不思議だ。わたしだったら人生の方向性を見失ってしまいそう。)4年生だけはもう暫くキャンパスに残って、17日の卒業式に参加するのです。

期末試験が終わったばかりだというのに、12日の退寮の日はキャンパス中が引っ越しで大騒ぎ。皆パッキングの忙しさに悲鳴を上げ、寮の廊下はごみで溢れる・・・。そして、キャンパス内の道路も封鎖されて駐車場のようになります。

spaceba.jpg


部屋のものを運び出すなり処分するなりし、掃除を済ませて無事退寮できるかは、ルームメイトの「まめさ、綺麗好きさ」にかかっている。
わたしのルームメイトはというと、ウナティーというインド人のプリンセスです。ほんとのお姫様ではないけど、あるインド人に聞いたところ「インド人でPENNに勉強に来ているなんて、プリンセス並みのお金持ちに違いない」と言われたし、ウナティーはとにかプリンセス並みに家事ができないのです。

インドではお手伝いさんがなにもかもやってくれるらしく、ダンボール箱の組み立て方すらわからないウナティー。ダンボールの底を互い違いに折り合わせ、「ダンボールの底を閉めるのにテープが必要なの?これ(折り合わせただけ)じゃだめなの?」と不思議そうに聞かれた時、わたしは本物の箱入り娘を見たと思った。ダンボールを組み立てるためにはテープが必要だと教えた後も、彼女はテープの貼り方がわからない様子だったので全て指導した。わたしは、人生で何度も引っ越しを経験しているので、ダンボールには愛着すら感じてます。笑

ウナティーが荷づくりを始めたのは退寮の前日だったので、部屋の殆どのものを片付けたのもわたし。わたしの方が退寮のタイミングが早かったけど、少しでもものを残していくと、残されたウナティーがそれらを持て余してしまうと思い、様々なものを思い切って捨てておいてあげた。
それでも、退寮の日に家族が車でやってきてなにもかも荷づくりをしてくれるような生徒よりは、ウナティーの方がマシかもしれない。PENNには、ものすごく自立している生徒がいる一方で、(お金持ち校だからか)甘えん坊の生徒がいることに驚かされます。

そうしてできるだけのお掃除をして、わたしは12日の真夜中に退寮しました。




わたしは13日にフロリダに出発し、一旦フィリーを離れるので、出発直前にいろんな友達とお別れをしなくちゃいけなかった。わたしのために泣いてくれる子もいて、PENNでも友達に恵まれたと思いました。

IMG_9302.jpg
留学生みんなでの合同お別れディナーでの様子。参加者なんと30人以上。


最初は、留学生って意外と、同じ国から来た人達で固まるので、気がついたら○○人のグループ+自分1人だったりしてなんとなく遠慮してしまい、なかなか思い通りにはいかないこともあった。アンラッキーなことに、本来は大学院生が入る寮に割り当てられ、皆の寮と場所が離れているばかりか、学部生の寮と比べて社交的な雰囲気がないことに愕然としたりした。家族みたいな友達を作って、いつも一緒に「べたべた」したいと思っていたわたしには、さらりとした関係が物足りないこともあった。それでもやっぱり、友達には恵まれてたと思う。

「会えてよかった。」
「寂しくなるよ。」
「あなたはほんとに素敵な人だった。」
「いつまでも連絡取り合っていようね。」
「幸運を祈ってるから。」
「もし将来、うちの国に来ることがあったら言ってね。」
別れの言葉はいろいろ言ったし、いろいろ聞いた。

でも、一番心に残っているのは、仲良くなった香港人とドイツ人の子と、最後にお別れのグループハグをして、おでこをつきあわせた時に言われた「ありがとう。」って一言。どんな言葉よりもこれまでのいろんなことが思い出されて、わたしも思わず泣いちゃいそうになった。ありがとう、っていい言葉だよね。こちらこそ、本当にありがとう。
page top



管理者にだけ表示を許可する
 
hana | URL | 2010-05-18-Tue 02:00 [編集]
おつかれさま。
うん、留学生ってやっぱり国とか地域で固まりがちになるよね。○○人のグループに一人ってたまにつらいものがあるよね。
そろそろ帰国だよね。日本でストップオーバーしてイタリアにおいで!笑
ななこ | URL | 2010-05-18-Tue 08:53 [編集]
お疲れさまーーー!!!
泣いた
なまめ | URL | 2010-05-18-Tue 10:40 [編集]
俺も香港を離れる時同じ気持ちになれますように(T_T)
ナミ | URL | 2010-05-19-Wed 19:12 [編集]
●はな
そうなの。留学生はいろんな国の人と交流しに来てるんだと思っていたけど、割と国で固まって行動する人が多くてそこは期待外れだった。もちろん国や人にもよるんだけど。 ついに明日のフライトで帰国しますe-442もう全く信じられない!イタリアは今後行きたい国のリストのトップだから、チャンスを見計らってお邪魔するよ。e-287

●ななこ
ありがとうe-417意外と帰国までの日って早く来るから、ななこも元気いっぱいで毎日を生きてね!e-348

●なまめ
全米が・・・e-2なれるさきっと。なまめが香港に行ってしまうの今から寂しいよ。もうすぐわたし帰るので、この夏、出発前にいってらっしゃい会しようねe-259
ayaka | URL | 2010-05-19-Wed 23:06 [編集]
わー、もうそろそろ帰国なんだねi-182
日本かぁぁぁぁi-201
Copyright © 2017 I am Wharton Woman. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。