I am Wharton Woman
ペンシルバニア大ウォートンスクールに留学中。                                               一人前のWharton Womanになりたい!
スポンサー広告
スポンサーサイト
-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
Wharton留学日記
サンクスギビングはじまりはじまり
2009-11-26-Thu                         コメント : 2
今NY行きのバスの中です
今日はサンクスギビングだから、わたしが幼い頃お世話になっていたNYのご家族の家にいくのです♪

さて、この一週間は、いろいろなことがありました。ありすぎて、ブログから遠ざかってしまっていましたが、サンクスギビングのお休みで時間ができたのできちんと報告しようと思います


IMG_5552.jpg
先週は20日から23日まで、ボストンで「ボストン・キャリアフォーラム」という、日英バイリンガルのためのジョブフェアが3日間開催されていて、それに参加してきました。

ほんとは、このフォーラムについてボストンからもブログを更新したかったんだけど、わたしはシカゴに引き続き、またしても粗悪なホステルを選んでしまったせいで、ネットに繋げる環境にありませんでした
次からは、もっとちゃんとよく確認しよ。


フォーラム中の出来事はまた次の日記で書きますね。
スポンサーサイト
page top
Wharton留学日記
電車の中で思うこと
2009-11-19-Thu                         コメント : 0
今ボストンに向かう列車の中です。なんでボストンに来ているのかというと、週末に開催される、ボストンキャリアフォーラムに参加するためです。


ボストンでは、「ボストンキャリアフォーラム」(BCF)といって、日本語&英語のバイリンガルを対象としたジョブフェアが毎年開催されています。日本から100以上の企業が来て、アメリカやその他の国の大学に通っている日本人学生をリクルートするのです。
しかし、アメリカでは基本的に大学4年生から就活が始まるため、わたしのように3年生で、しかも交換留学生となると、あんまりチャンスはなさそう。それでも、面接を受けたりして、いい就活の経験になればいいなと思ってます

ただ、やっぱり企業と面接するとなると、遊び半分ではいかなくて、この準備のために最近は泣きそうに忙しかった!
これと同時進行で授業、テスト、グループワーク、セミナーに追われて、自分のやりたいことする暇もなく、夜も殆ど眠れず、深夜まで図書館にいて、(PENNの図書館は一部24時間開いてる)ああもう疲れました。


今日も、午前中に交渉術の授業に出てから、ぎりぎりでボストン行きの列車に飛び乗った。今日はなかなか交渉がまとまらずに、列車に乗り遅れるんじゃないかとひやひやしました。

IMG_5472.jpg
わあ、列車から見える紅葉がきれ・・・早すぎて撮れなかった



今回ジョブフェアの準備をするにあたり、日本語の履歴書なんて手に入らないので、自分でそれに似せて作ったものをキャンパス内のコピーセンターに行ってコピーしてもらわなきゃいけなかった。これがも・の・す・ご・い苦労でした4度は通った。今日の朝も!

コピーセンターのおやじががんこで嫌なやつなんだけど、こっちは上手にやってもらわないと困るわけだから、丁寧にお願いすると、

「おい、馬鹿に説明するみたいに話してくれるな。それくらいわかる

といわれた。

「ごめん。でも、おっさんのミスプリントにお金払いたくないからさ

と答えた。

だって、そっちに非があるミスプリントの分までお金請求するんだもん!
しかも、隙あらば(他の選択肢があることも伝えず)一番値段の高い紙にプリントして高い料金取ろうとするんだもん。わたしはヨーロッパに住んでいた時からそうだったけど、アメリカに来てさらに、いろんなことを鵜呑みにせずに、疑う心構えがつきました。

しかし、そのおっさんも最後には「おい、これ面接のためなんだろ?がんばれよ」と言ってくれた。交渉の末に、何がが生まれた瞬間でした。


さあ、明日ちゃんと起きれるようにしなきゃ。
page top
Wharton留学日記
アンダーおぱんつパーティー
2009-11-13-Fri                         コメント : 7
下の記事で、PENNにはいろんなパーティがあるって話をしたけど、わたしが今までで一番びっくりしたのは、「Underpants Party(下着パーティ)」かな

わたしは最初、単にそういうユニークな名前のパーティなんだと思っていて、「いくいく!」って言っていたけど、招待メールを受け取ったら、本当に下着で行くパーティだということがわかって、少し考えてからやめておいた
(少しの間、「せっかくアメリカに留学に来たんだし・・・・!」と考えた。でも、そういう問題じゃない(笑)気がしたから止めました

ほんとに参加者は男女全員下着姿だったんだって。
会場はもちろん室内だけど、この寒いのによく下着パーティなんて思いついたなぁ。


そして後日。参加した友達に、「写真みせてー♪」って聞いたら、

「写真なんてないよ。あるわけないでしょ、恥ずかしいじゃん!

って、少しムキになって言われて、
ああそこは恥ずかしい気持ちあるんだ・・・、と思いました。笑


アメリカの人はなにを恥ずかしいと思うのかよくわかりませぬ。

例えば、量り式のアイスクリームのお店で、お下品なほどの量のアイスをお皿に盛ることも。ものすごーく太っている人が、ものすごーく短いスカートを履くことも。大勢の人がいる前で、アホ丸出しの発言をすることも。日本だったら少し「みっともない」と思われかねないけど、こっちではなんでもないもんね

また、こっちの女の子はたまにものすごく大胆な格好をしてるから、アメリカの人は女の子のパンツがちらっと見えたくらいでは、なんとも思わないんだろうなーって思います。見せてる方も、見てる方も
日本の男の子が来たらびっくりするだろうな。


・おまけ・

下着パーティの招待メールが面白かったので、下にそのまま載せちゃいます。
要は「寒いけど、下着で来てね!楽しいよ!」ってことが書いてある。


1通目

What a day for an underpants party! Not a cloud in the sky!

I know everyone's really excited to show that Penn can party as hard as Brown (Brown told me it can party harder than us, are we gonna take that?) so I'll spare you a really funny message and get on with the details.

Party. Is tonight. Is at 213 and 215(entrance is at 215, with clothes-check) S 42nd st. Is at 11. Is Underpants.

If you're wearing underpants, you're probably gonna get in. If you're not, you're probably not. If you are at the party, you're going to have fun. underpants.

It's cold in this city, yes? yes. We know most of you probably won't want to walk from wherever you live to where we are without your clothes on. We have a clothes-check in place so you can be warm on the walk over, and then get in your undies and have a proper good time, without having to worry about where your pants are.

yours in underpants,
one of 2 admins


2通目

As Nick said, three things are needed:

1. You
2. Your Underpants
3. You at the party with nothing on but underpants

If your thinking wow, this sounds possibly suspect, I think Ill go to ____(somewhere that isn't underpants party) then just think, look at the potential there is when partying with underpants. Then multiply that 100x. You get the picture.

The Other Admin
page top
Wharton留学日記
ペンシルバニア大学VSプリンストン大学
2009-11-11-Wed                         コメント : 7
学内でペンシルバニア大学VSプリンストン大学のアメフトの試合があるというので、応援に行ってきましたー!

IMG_5353.jpg

みんなが「football」と言うから、ヨーロッパで英語を覚えたわたしは、最初サッカーの試合を見に行くんだと思っていた。中学校で習うけど、アメリカではサッカーは「soccor」と言いますね。あほなので忘れていました。

何故だ・・・アメフトだって知っていたら、ルールくらい勉強していったのに・・・


IMG_5317.jpg
アメフトはルールもよくわからなかったけど、友達に教えてもらいながら一生懸命応援した。「タッチダウン」という花形のプレイを覚えた&見れた!


わたしは、ほんとは一橋大生なのに、留学生として、PENNの生徒の一員になって、この歴史とプライドがある大学の仲間に入れてもらえるのはとても光栄だと思う。つくづく、留学って、何個も大学を経験できてお得だなぁ

アイビーリーグの学校は、スポーツも強いことで有名だから、今回の試合もきっとわかる人が見たら、相当レベルの高い試合なんだろうなあ。
それに、プリンストンと言えば、わたしのゼミの松井先生が今年の春まで研究でいらしていた大学です。ペンシルバニアとプリンストンはアイビーリーグの中でちょっとしたライバル関係にあるとかないとか。そのせいもあってか、観客席はとっても盛り上がってました。

ちなみに、アイビーリーグ(IVY LEAGUE)とは;
★アメリカ東海岸の名門私立大学8校の連盟のこと。
ハーバード、イェール、プリンストン、コロンビア、ペンシルバニア、ブラウン、コーネル、ダートマス大学の8校。いずれも、世界大学ランキングで15位以内の名門だそうです。・・・皆かしこいのも当然だわぁ


IMG_5321.jpg
チアリーダー達は、PENNに得点が入る度に、観客に「1、2、3、4・・・」とコールをかけられながら、合計点数の数だけ腕立て伏せをやらなきゃいけない。最後の方は43点とか入ってたから辛そうだった


IMG_5351.jpg
PENN大だけなのかもしれないけど、アメフトの試合を観戦する時、観客がトーストをフィールドに投げる、という伝統があります。
会場では、それ用のトーストが配られ、試合の最後の方には、フィールド内がトーストでいっぱいだった

しかし、わたしはこのトーストが可愛すぎて、投げずにおうちに持って帰ってしまった(!)こう子供っぽいところがあるんです。腐るまで飾るんです。

IMG_5368.jpg
見てこれ全部投げられたトースト!
「トーストを投げることとアメフトの試合に意味づけはないけど、そういうキャッチーな行動は大衆に広まって、伝統になることもある」・・・って、Contagiousの授業でやったなあ。


IMG_5380.jpg
遠くから見てもものすごくでっかい選手たちでした。

IMG_5366.jpg
この後さらにPENNに得点が入ってました。

IMG_5370.jpg
観客席の様子。

ホームだったこともあり、結果はPENNの圧勝でした。

今度はもうちょっとルールを勉強してからまた応援に来たい
ついでに、一橋のクリムゾンの試合も見てみたい!!



・おまけ・

この日の夜「ベルリンの壁崩壊20周年記念パーティーに行ってきました。こっちの大学生は、こういうコンセプトのあるパーティが大好き。

パーティの途中でベルリンの壁をつくって、実際に壊すっていうイベントがあるって聞いてたけど、開始の時間より1時間遅く行ったから、「ねえ、もう壁、壊れちゃってるかな?」なんて、友達とおかしな会話をしながら向かった。




そして、着いたころには、壁、壊れてました。

IMG_5384.jpg

IMG_5386.jpg

まあいいや、さあみんな踊ろうっ!
page top
Wharton留学日記
一橋大学留学生課 御中
2009-11-08-Sun                         コメント : 3
いつもお世話になっております。
連絡が遅くなってしまい恐縮ですが、是非ご報告させていただきたい事があり、筆をとらせていただいた次第です。



10月30日にPENNで行われた「留学フェア」に、わたしも参加してきました

これは、PENN大から留学したい生徒が、国ごとに分けられたブースで、交換留学を経験した生徒や、協定校からの留学生と話ができるイベントのことです。
一橋にも、留学説明会があるよね。如水会留学したい人は、要チェックだ

IMG_5085.jpg

PENNと交換留学の協定を持っている日本の大学は、一橋、京大、早稲田、上智、ICUのみ。少ない。さらに、PENNの中のウォートンと交換留学協定があるのは、一橋だけなの。

今年、一橋からの留学生はわたし1人なので、日本のブースで一橋をアピールするべく、留学生フェアに乗り込んできました。
だって、お世話になった向山さんからの、お願いですから
(一橋の留学生課の、優しくて、頼りになって、素敵なお姉さんだよ)

IMG_5083.jpg
ちゃんと冊子を用意していたのは、一橋だけだった。
さすがです一橋の留学生課気合を感じます。

わたしも、PENN大生をつかまえて、一橋のいいところをさり気なくアピール。
「言ってしまえば、日本のウォートンです!」(どーん)
「東京にあるから・・・電車に1時間乗れば・・・ROPPONGIに行けるよ!」
「小さい学校だから、みんな仲良しだよ!結束が強いよ!」
「学生は・・・一度仲良くなれば・・・フレンドリーだよ!」
(ちなみに、その一度を逃すともう滅多にチャンス来ないよ!)
「日本語は・・・英語で行う授業が少ないから・・・ものすごく上達するよ!
「学校に愛があるよー!!」


言い過ぎてはいないはず。
もし、PENNから留学生がきたら、みんなも仲良くしてあげてね。

さらに、日本の大学で、単位をウォートンと互換できるのもまた一橋だけらしいので、ウォートンの生徒には特に一橋をおすすめしておきました。ただ、一橋は日本語ができないと留学できないらしく、それが大きなハードルになっていることもわかりました。



時を同じくして・・・

その会場の隣では、ハロウィンパーティが行われていた!
クッキーもジュースもなにもかも無料♪ちょちょっと抜け出して遊んできました

PENNって、毎日、あちこちでどこかの団体がイベントしてるから、ほんと楽しい昔は不思議だったけど、最近では、いちいち、これはなんのためのイベントかとか、お金はどこから出ているとか、どの団体主催なの?とか、気にしなくなりました。笑

IMG_5076.jpg
かわいい。なんか小学校で行われていそうな感じのパーティー

IMG_5074_20091109042526.jpg
クッキーコーナー

IMG_5075.jpg
ねっちょりとしたクッキーペースト。セメントかと思ったわ

IMG_5078.jpg
カードを書こう!っていうブース。

ちゃっかり写真ブースに寄って、ハリポタの仮装をしてポラロイド写真まで撮ってもらったよ

毎日いろいろありすぎです
ブログがなかったら、自分が何やったかなんて忘れてしまう。
だからほんとは毎日更新したい。
page top
Copyright © 2017 I am Wharton Woman. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。